0594-23-3200

三重県桑名市江場456-3

一般整形外科

一般整形外科画像

整形外科では「運動器」の機能を改善することを目的として治療しております。
「運動器」とは、身体の骨格となる『骨・関節』、そこに付着する『靭帯・筋肉・腱』、そしてそれらを支配する『神経』のことです。全身の機能に大きく影響する重要な器官であり、障害されれば日常生活に支障をきたし、スポーツや仕事の継続が困難となりだけでなく、機能低下が進めば高齢者では介護が必要な状態となります。(ロコモティブシンドローム)
私は治療において1:適切な病態診断、2:適切な治療、3:適切なリハビリテーション(リハビリテーション科)、のすべてがそろうことで満足行く機能の回復が得られると考え診療を行っております。

1:適切な診断

「運動器」を傷害する原因としては、骨折や脱臼などの外傷や関節の変形や軟骨の変性に伴う変形性関節症(一般整形外科)スポーツに伴う障害(スポーツ整形外科)、子供の先天的(生まれつき)の疾患や成長に伴う障害(小児整形外科)、リウマチなどの免疫疾患(関節リウマチ)、主に閉経や加齢による骨強度の低下(骨粗鬆症)、加齢に伴う運動機能の低下(ロコモティブシンドローム)など病態は様々で全身に広く存在するため、治療としてはまず原因がどこにあるのかを総合的に判断する必要があります。そのためには生活歴など患者さんの詳細な問診、丁寧な身体診察、適切な画像診断は必須であり、当院では画像診断に必要な機械(単純X線、MRI、超音波診断装置)は各種取り揃えてあります。

2:適切な治療

手術治療が必要な状態を放置すれば機能の改善は望めないため早急に手術治療を行う必要があり、また不要な手術や投薬を行うことも避けなければなりません。もちろん手術治療は適応を間違えなければ非常に有効ですが、適応を間違えれば機能を損なう場合もあります。これまでに私は年間数百件の手術を行う急性期病院だけでなく、手術を行わない慢性疾患を扱う病院でも勤務しておりました。この経験から身に着けた幅広い知識と経験をもとに最適な治療方針を提案させていただきます。すなわち手術が必要な状態と判断すれば信頼できる急性期の病院に紹介しますし、手術ではない治療が適応と判断すればギプスによる固定や装具の使用、運動・生活指導や薬物療法など患者様の病態生活様式に応じた治療をさせていただきます。また長く続く慢性的な痛みに対しても薬物療法や神経ブロック、理学療法や運動療法などを組み合わせて疼痛を和らげるように治療を行います(ペインクリニック)。

3:適切なリハビリテーション

機能回復にはリハビリテーションが重要であり、適切な診断を行い適切な治療が行われたとしても、リハビリテーションが満足にできなければ良好な機能の回復は得られません。当院は現在、総合病院の勤務時よりともに治療に携わってきた経験豊富な療法士が4名在籍しており、患者さんの状態に応じたリハビリを行います。また各種リハビリ機器は豊富に取り揃えており、様々な病態に対応することが可能です。

一般整形外科では骨折・脱臼・捻挫などの外傷、関節の変形や軟骨の摩耗・変性に伴う関節痛(腰痛、頚部痛、肩関節痛、膝関節痛、股関節痛)、神経の障害によるしびれやじりじりした痛み(椎間板ヘルニアによる神経根症、手根管症候群などの末梢神経の障害)などを診察します。

代表的な症状

  • 怪我をして痛み、腫れがある
  • 肩こり
  • 肩が痛くて腕があがらない
  • 手足がしびれる
  • 膝・腰が痛い
  • 指が痛くて曲がらない
  • 交通事故・労災などによる傷害
なかがわ整形外科リハビリクリニック

院長

中川 太郎

診療科目

整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科・ペインクリニック内科

電話番号

0594-23-3200

住所

〒511-0836
三重県桑名市江場456-3

最寄駅

近鉄 益生駅

診療時間

日祝
9:00~12:30
15:00~18:30

休診:木曜日・日曜日・祝日
▲:土曜午後は14:00~17:00

イラストマップ